保証人がいなくても家賃保証があるから安心

貯金箱

審査や家賃徴収もお任せ

女性

不動産管理が楽になる

不動産投資目的で購入したワンルームマンションを賃貸に供するときには、家賃保証会社と契約することで、さまざまな業務を効率化できます。家賃保証サービスは、賃借人が月々の家賃や管理費の支払いを滞納したときに、家賃保証会社が代わりに家賃を支払ってくれるものです。しかし、単に家賃の滞納が発生したときだけでなく、さまざまな賃貸管理業務を代行してくれる家賃保証会社もあります。金融機関系列の家賃保証会社では、金融機関の信用調査能力や債権回収能力、提携している銀行とのネットワークを活かして、審査業務や家賃の徴収・回収サービスを提供しています。家賃保証サービスを申し込んだ賃借人の支払い能力や債務の状況などを調査し、毎月きちんと家賃を支払ってくれる人かどうかを家賃保証会社が調査してくれます。不動産投資を行っている個人投資家が、所有物件を貸し出す人の信用調査をするのは困難ですが、金融機関系列の家賃保証会社はその道のプロです。厳格で正確な調査により、家賃の滞納を起こしやすい人を見つけてくれるので、家賃滞納リスクを減少させることが可能です。また、金融機関系列の家賃保証サービス会社は、実際に家賃の滞納が発生してしまった場合の債権回収も得意としています。消費者金融やクレジットカードの債権回収で培ったノウハウが豊富なので、滞納した家賃の回収率がたいへん高いのが特徴です。さらに、毎月の家賃を金融機関の銀行口座から引き落とす手続きもすべて代行してくれるので、不動産管理業務のほとんどを任せてしまうことができます。

初心者ならまず参加しよう

セミナー

不動産投資セミナーには参加費が無料のものと有料のものがあります。この2つの違いは講演内容によりますが、特に有料の不動産投資セミナーの場合、1つのテーマを深掘りしていることがあるので、見当はずれな不動産投資セミナーに参加することがないように申込前に主催者に確認してみるとよいです。

プランニングで決まる

アパート

無理のない範囲内で融資を受けて、手ごろな一棟売りマンションを買うのが、賃貸経営者としてデビューするための前提条件です。中古物件をリニューアルするのがマンション経営のコツであり、運営のプロセスでノウハウを蓄積することが重要です。

人を雇うよりも

ウーマン

airbnb運営は1人で行うのは難しいのですが、人を雇うと人件費が高くつきます。しかしairbnb代行業者に依頼すれば、人を雇うよりも安い費用で全ての業務を委託できます。費用は月額固定制の代行業者と売り上げに応じて支払うところに分かれるので、収益の状況に応じて選ぶと良いでしょう。